Tuesday, October 14, 2014

本当にありがとうございました

Cat Memories 2014/10/14

Cat Memories - footprints of cats - は本日をもって解散いたします。


いろいろ悩んでの、私たちなりの結論が解散でした。

Cat Memories - footprints of cats -としては半年という短い活動期間で、

メンバーやブログを見てくださっている方々には本当に申し訳なく思っております。


私がブログをやっていく意欲を失ってしまい、

私が最後の
Cat Memoriesのオリジナルメンバーであったため、

Cat Memoriesを続けていく意義がなくなってしまいました。


Cat Memories −猫たちのあしあと−から数えて2年弱の間、

応援して頂いた皆様には感謝の気持ちで一杯です。

本当にありがとうございました。



私たちはこれからも猫の写真を撮り続けていきますし、

それぞれが自分の道を目指していくことになります。

これからも私たちのそれぞれの活動を応援して頂ければ幸いに存じます。


Cat Memories - footprints of cats -

豊崎 崇

Sunday, October 12, 2014

footprints of cat


波打ち際で遊んでいた猫は、いつの間にかいなくなり

砂浜には足跡だけが。

はっきりとあったはずの猫の姿かたちも

頭の中で、だんだんと曖昧になり。


何度かの波が打ち寄せて

あの猫が通った足跡は消えてゆきました。


でも、あの猫のあの瞬間に生きた時間、

そして私のあの瞬間に生きた時間は


波の音とか、島を渡る風の音とか、潮の匂いとか

そういうものと一緒になってぶら下がっています。


これまでも、この先も・・・








約半年間、私の拙い写真を見てくださってありがとう。






Canon EOS7D











Thursday, October 9, 2014

ばいば~い

 
6回目の投稿です。

火曜日の投稿であった通り私の投稿は今日で最後です。

つい最近初めましてのご挨拶をしたばかりですが

もうお別れのご挨拶です(笑)

私の写真を少しばかりでも見て頂けたでしょうか?

これからも細々と続けていきますのでよろしくお願いします。

では・・・

Tuesday, October 7, 2014

Cat Memories 解散のお知らせ

Cat Memories 2014/10/07

Cat Memoriesを見てくださっている皆様、いつもご覧頂きましてありがとうございます!

誠に突然ではございますが、この度 Cat Memoriesを解散することとなりました。

今週と来週、各自が更新をして、ごあいさつをさせて頂きまして、

来週10月14日の私の更新を持ちましてこのブログは終了となります。

解散の理由としましては、写真や猫に対する考え方の相違です。

今後は各自が自身のブログで自分の写真を追求していくことになります。

解散と言いましても、私たちの友好関係は続き、お互いリスペクトし合っていきます。

短い期間でしたが、たくさんの方々に応援して頂きまして感謝の気持ちで一杯です。

本当にありがとうございました。


Cat Memories - footprints of cats - 一同

Sunday, October 5, 2014

ねこのことば



猫語は分からないけど、

しっぽは口ほどに・・・

いやいや、口以上にモノを言うのです。





Canon EOS Mark3 

Thursday, October 2, 2014

ジジのあくび


黒猫の仔猫を見かけると

必ず魔女の宅急便の”ジジ”が頭によぎる

自分がはじめてみたのが小学生

今では自分の子供が見ている・・・

ジブリってすごいね。


Olympus OM-D E-M5 with F.Zuiko Auto-s 38mm/F1.8

Tuesday, September 30, 2014

これは僕のもの!

Cat Memories 2014/09/30

誰かが持っているものをうらやましく思うのは、猫も同じなんですかね?

人間の場合、欲しいものがあるのは良いことだとは思いますが、我慢することも大切なのかもしれません。

私の場合は、我慢我慢の連続です(笑)。


Panasonic DMC-GX7,  LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4

Sunday, September 28, 2014

怪しいものではございません



かぁ~ちゃん、寝てる場合じゃにゃいの

あそこに怪しい男がいるにゃ、

犬のおまわりさんに通報するにゃぁ。


そう言っています・・・たぶん(笑)。



ファインダーを覗きながら

頬ゆるむ親父は確かに怪しい・・・(汗)。



CanonEOS MARK3




Thursday, September 25, 2014

待ち猫



路地裏で何かを待ってる猫
 
じっと入口の方を眺めていました。
 
そこ空き家ですよ・・・
 
 
OLYMPUS OM-D EM-5

Tuesday, September 23, 2014

青い目のジュディ

Cat Memories 2014/09/23

CS&Nの有名な曲に「青い目のジュディ」というのがありましたね。

私が小さい頃ってシャム猫が珍しくて、近所で飼っているところによく通ってました。

あの青い目が、どこか西洋人の青い目を連想して、当時は本当にうらやましく思えましたね。

そうだ、この子の名前をジュディにしよう。きっと大声では呼べないけど…。


Panasonic DMC-GX7,  LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4

Saturday, September 20, 2014

ふと思う



しあわせは、じぶんのこころが きめる(書家「相田みつを」)



君のその横顔を見ていると

大好きな言葉がふと横切った。


そんな秋のある朝。





Canon EOS5D MARK3




Thursday, September 18, 2014

夏の終わり


週末あたりから涼しくなりそう

「暑さ寒さも彼岸まで」

今年はこの通りになりそうですね。


OLYMPUS OM-D EM-5

Tuesday, September 16, 2014

愛のカタチ

Cat Memories 2014/09/16

愛にカタチってあるのかな?とふと考える。


写真の子ではないけど、3匹いる子猫うちの1匹は捨て猫。

この母親はその猫を自分の子として育てているみたいなんです。

端から見ているとまるで本当の親子、兄弟なんだよね。


Panasonic DMC-GX7,  SIGMA 60mm F2.8 DN

Sunday, September 14, 2014

家族


ナイスショット、って褒め言葉・・・だよね?

う~ん、たまたまとか偶然撮れておめでとうみたいに
つい感じてしまうのは、きっと私の心が斜めっているから。



ちなみに、「感性」という言葉を無暗に使われるのも引くんだけど
それも私の性格かしらん?


ともかくも、すっと心に入ってゆくような
そんな写真が撮りたいな・・・と。





CanonEOS 5DMark3

Thursday, September 11, 2014

rooftop


なにやら視線を感じて見上げてみれば

屋上から鋭い眼光が・・・

縄張りの監視中ですか~

しかし貫禄のあるお顔でした。


OLYMPUS OM-D EM-5

Tuesday, September 9, 2014

水分補給

Cat Memories 2014/09/09

涼しくなったとはいえ、水分補給は大事ですね。

子猫たちも喉が乾いたみたいです。

写真とは関係ありませんが、

あるおじさんが野良猫を不便に思い、家に連れて帰りました。

数日も経たないうちに野良猫は脱走してしまいました。

その後、野良猫は数キロ離れた元いた場所に帰っていたそうです。

おじさん曰く「この子にとってはこの場所は一番なんだね」

何かいろいろ考えちゃったなぁ。


Panasonic DMC-GX7,  SIGAM 60mm F2.8 DN

Sunday, September 7, 2014

風の道


自動車は通らない。

バイクも通らない。

自転車だって通らない。


少しばかりの老人と猫、

そして風が通るだけ。




CanonEOS5DMARK3



Thursday, September 4, 2014

その瞳に映るもの


それは片手にカメラ
もう片手に猫じゃらし
頭に麦わら帽子を被った私のシルエットです。


今日からCat Memoriesに参加させていただくことになりました 8282 です。
今回初めての投稿にどのような写真がいいのかいろいろ悩みました。
今までの流れに合わせたほうがいいのかなとも思いましたが
それでは面白くないだろうな~ということで自分の好きな写真を投稿することにしました。

私の写真はアップ多めです。
あと文章能力は少なめです・・・

とりあえずマイペースに更新していこうと思いますのでよろしくお願いします。


OLYMPUS OM-D EM-5

Tuesday, September 2, 2014

草を食む

Cat Memories 2014/09/03

草って美味しいの?

端から見ているとすごく美味しそうだけど(笑)

ここでお知らせがあります。

Cat Memoriesに8282さんを新しくメンバーとしてお迎えすることになりました。

8282さんは、香川県の島猫を中心に撮影をされている方です。

これからは3人での更新になります。

今後ともCat Memoriesをどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m


8282さんのブログ


こちらも合わせてご覧ください。


Panasonic DMC-GX7 + SIGMA 60mm F2.8 DN

Sunday, August 31, 2014

夏の終わりの雨



ぽつん、ぽつん、ぽつんと

夏を忘れた灰色の空から雨が落ちてくる


静かな山あいの木々は雨の音を奏でる

降り続いた雨が作った水たまりに落ちてくる



仔猫は雨粒が作るリズムをじっと見ている






梅雨?のような8月も今日でお別れです。



Canon EOS 5DMark3



Wednesday, August 27, 2014

お疲れサマー

Cat Memories 2014/08/27今年の夏は本当に大変だったね。
大雨に台風、ハッキリとしない天気。
猫たちも忙しい毎日だったんだろうね。
本当にお疲れさま。

Panasonic DMC-GX7,  LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4

Sunday, August 24, 2014

迷子になった夏



夏をあきらめてって、どんな歌だったけ。



どっちにしても

夏はあきらめないとダメだろうね。





暮れてゆく空を見つめながら

風や鳥の声を聴きながら

彼は次の季節を感じている。


Canon EOS 5DMark3






追伸:Cats of the small island(瀬戸内海に浮かぶ島の猫たち)
8282さんが素敵な島猫さんたちの写真を撮っておられます。
ぜひ、足をお運びください。



Wednesday, August 20, 2014

猫が来る鉄道

Cat Memories 2014/08/20いつからなのだろう? この鉄道で猫を見かけてから2、3年は経つと思う。
何をしているの?って思っていたけど、ご近所さんにエサを貰おうとしていたみたい。
写真を撮らせてもらおうとしたけど、今日はそんな気分じゃなかったみたいで、
あっという間に草むらの向こうへと消えて行ってしまった。
こんなときは望遠レンズが欲しいなって切に思うね(笑)

SIGMA DP3 Merrill

Sunday, August 17, 2014

きせつのさかいめ


きみは、ねこ。

ぼくは、にんげん。



めせんをさげて、すこしきょりをとり

きみのいきづかいと

ぼくのいきづかいと

そして、そのこきゅうするくうきが

おなじものだとかんじることができたなら



きみは、ぼくを

ぼくは、きみを

すこしだけ、ほんのすこしだけ

りかいすることが、できるかもしれないね





もうすぐ、あきです。





Canon EOS 5DMarkⅢ

Wednesday, August 13, 2014

朝のブルース

Cat Memories 2014/08/13いつもの朝がやってくる。
パトロールを済ませると、何もすることがない。
そこら辺りに寝転んで、たまに毛づくろいでもしてみるかって感じ。
猫にもブルースがあるのだろうか?とふと考えてみる。まさか(笑)

Panasonic DMC-GX7,  LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4

Sunday, August 10, 2014

童(わらべ)



今年はじめに雑誌「デジタルカメラ・マガジン」で入選した写真です。

こういうの載せるのってどうか知らんと思ったんですけど。



写真をコンテストとかの為に撮っているわけではないけれど

自分の立ち位置とか身の丈とかそういう感じのことを
自分ではなかなか計ることが出来ないので

たまには客観的にそういう事を知るために応募したりします。


写真を誰かに見せるとか、見てもらいたいとか
そういう風なことを思った時仲間とかに見てもらったりというのも

それはそれで、意味のあることなんだと思うのです。

ただただ客観的に、その写真は「見られる」という視点ではどうなのか?
そういうことを知りたくなる欲求にかられるので、

俗にいうコンテストというものへの、いろいろな意見はあるのだけれど
そういう場に出したりするのです。



実際には選外となることの方が圧倒的に多くて
自分ってどうなの?自分の写真ってどうなの?なんて凹むわけで。

そういう時は、自分が楽しければいいんじゃない?
コンテストなんて意味なくない?とか激しく自問自答もします(笑)。


でも、自分の目指す「語る写真」に近づくためにはそういうことも必要なんだと。

なので、凹むときはこの写真を励みにしたりするのです。


今回はそんなど~でもいいお話。



CanonEOSMark3


Thursday, August 7, 2014

portrait : 僕の居場所

Cat Memories 2014/08/07ちょっと後ろ足が悪く、遠慮がちな性格が災いして
ずっと放浪していた感じのオス猫くん。
ここのみんなが受け入れてくれて、
やっと自分の居場所を見つけることができたね!

東京猫色さんの第2回「ポートレート週間」、盛り上がっていますね!
皆さん素敵なポートレート写真ばかりで、
私の気分は、言葉で表すと「驚き」という感じです。
いろいろな視点があって面白いし、
どこか新鮮さを感じたのは私だけでしょうか?

あと、本日を含めてポートレート週間は3日間ありますので、
どのようなポートレートが出てくるのか本当に楽しみです!

東京猫色さんの第2回「ポートレート週間」に横から参加させて頂いています。
こちらも併せてご覧くださいませ!
本日は池口さんの更新です。
portrait: まあるい瞳

Panasonic DMC-GX7,  LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4

Sunday, August 3, 2014

portrait:慈愛



そもそも、ポートレートってなんだろう?
まぁそんなところから何だかんだとつらつらと考えてみたわけですが。


和訳すれば「肖像画」ということで
人物を中心に描写するものを言うんだから
猫ってことになるとさしずめ「擬人化」ですかね。


この写真はいわゆる「親子」ではありません。

先日、島に出かけていて歩いていると
母猫からはぐれた、やっと目の開いた子猫。

そばを通り過ぎる様々な猫たちは関心は示すものの
基本「無視」です。

そんな中で、ある一匹の猫がこの子猫に近づいて毛づくろいをはじめました。

昨今の殺伐とした人間社会の様々なニュースに
重苦しい何ともやり切れなさを感じるわけですが

ラブだの愛だの、♡だの言葉巧みに能書きを垂れる人間様よりも
何倍も高貴で美しいと感じました。


そんな自分の「感じ」というものをどこまで伝えられるのか?
その曖昧な想いとか感じとかを目の前の二匹の猫に重ねて
描きなおす。
それがまさに私の思う「ポートレート」のひとつの答えかもしれません。




東京猫色」さんの第2回ポートレート週間に横から(笑)便乗参加させていただいています。
こちらも併せてご覧くださいね^^

portrait: 眠る子



Canon EOSMark3
 

Wednesday, July 30, 2014

猫専用レーン

Cat Memories 2014/07/30こんなところ、まず猫しか通らない。
猫しか通らない道を探すのって意外に楽しい。
猫の写真を撮り出して、猫を探すのが楽しいのか、
猫しか通らない道を探すのが楽しいのか、さてどっちだろう?

8月3日〜9日の1週間、東京猫色さんで、
第2回「ポートレート週間」が開催されます。
Cat Memories - footprints of cats - でも便乗させて頂く予定です。
みなさま、お楽しみにしていてください!

Panasonic DMC-GX7,  LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4

Sunday, July 27, 2014

面倒な時代


人がいて、猫がいる


暮らしの中の一部として猫がいる


人は猫を特に意識することなく

猫も特に人を意識することなく


緩やかな距離感

緩やかな関係


それこそが自然に人と猫が暮らすということ。

ありのままに生きる、ということ。






CanonEOS5DMarkⅢ





Wednesday, July 23, 2014

ベストプレイス

Cat Memories 2014/07/23ここが君の安住の地なんだね。
食べ物にも困らないし、漁師さんも優しい。
たくさんの友達もいるし、淋しくなんかないよね。
きっと、良い夢を見てるさ。

Panasonic DMC-GX7,  LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4

Sunday, July 20, 2014

教えてくれにゃいか?



人間関係は面倒くさい。


だから、猫にでもなりたいなどと思うわけだけど

猫関係は難しくはないのだろうか?


どうなんだろうか?

生まれ変わる前に、聞いておきたいんだけれども。



Canon EOSMarkⅢ

Wednesday, July 16, 2014

想望

Cat Memories 2014/07/16ささやかな幸せの瞬間。
新鮮なアジやサバを頂けるんだから、可愛く待たないとね!

Panasonic DMC-GX7,  LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4

Sunday, July 13, 2014

ある種の違和感の中で


猫に、想いを重ねるのは自由。

でも、きっと猫は何にも考えていない。


あぁ・・こんなこと言うと誤解されるのかなぁ・・。


いきいきと、ただ生きている。

その姿が美しい。


だから何だか人間のめんどくさいことを重ねるのは

違和感があるんだよ。



ず~っとぼんやりとして、はっきりとはしない「違和感」。


人間とは違う種類の生き物として 、ただその姿を撮るだけでいいなと

じめじめ思うのは梅雨だからかな。


canon EOS MarkⅢ


Wednesday, July 9, 2014

行雲流水

Cat Memories 2014/07/09野良猫を見ていると、自由奔放でお気楽に見えるけど、
いろいろ大変なこともあるんだろうなと思う。
自然な成り行きに身を任せて、空行く雲や流れる水のように、
深く物事を考えずにいかなきゃ、やっていけないよね。

Panasonic DMC-GX7, LUMIX G 20mm/F1.7 II

Saturday, July 5, 2014

それぞれ

島で出会った四にゃん兄弟。


家族としてのまとまりがあるようで、ない。

でも、ないように見えて微妙にある。


わたしは私、君は君。

それが猫の基本形。


それぞれの距離感が緩やかで、適当で

そんな感じが

人間の私にはとてもうらやましく見えるんだが。




Canon EOS5D MarkⅢ

Wednesday, July 2, 2014

ひと休み

Cat Memories 2014/07/02
前へ進んでばかりだと息が詰まることもあるよね。
時には止まってひと休みすることも大切。
でも、あと少しで美味しいお魚にありつけるから、
もうちょっとだけ頑張ろう!

Panasonic DMC-GX7, LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4

Sunday, June 29, 2014

距離感




猫と猫の距離感とか、

人と人の距離感 とか、

そして人と猫の距離感とか。



近すぎず、かといって遠すぎず。

無関心ではなく、かといって過干渉でなく。





気づかないうちに人は猫に対して

尊大、になっていたりはしないだろうか?


距離感を見誤ったりはしていないだろうか?






そんなことをふと思う、梅雨の合間のある晴れた日。



Canon EOS5D MarkⅢ

Wednesday, June 25, 2014

いっちょまえ

Cat Memories 2014/06/25
まだまだヨタヨタ、コロコロしているけど、
しぐさや立ち振る舞いはまさに猫。
いっちょまえに体をかくのもお手のもの。
でも、まだまだお母ちゃんは恋しいのです、はい。

SIGMA DP3 Merrill

Sunday, June 22, 2014

猫に聞け



見知らぬ土地に出かけて涼をとりたいなら

猫に聞くといい、







所詮、私たちも自然の一部に過ぎないものを

特別な存在だと錯覚し



自然と対峙し、いつの間にか調和することを

忘れてしまった。





そんな私たちが日々鈍麻させている自然を読む「五感」を

彼らは研ぎ澄まして暮らしている

かつて先人たちがそうだったように







見知らぬ土地に出かけて涼をとりたいなら

猫に聞くといい


彼らは風の道を知っているから

彼らは自然と調和して生きているから。


Canon EOS5D MarkⅢ



Wednesday, June 18, 2014

おねだり

Cat Memories 2014/06/18 美味しいモノは猫にだってわかるさ。
とれたてピチピチのアジはうまいんだよね!
優しいおじさんやお兄さんがたくさん分けてくれました。
子育て頑張っているからご褒美だね!

SIGMA DP3 Merrill

Sunday, June 15, 2014

木漏れ日に



そう、それは「ある猫」の生きた証



そして



これは「ある人間」の生きた証







いつか「生きた」ことさえ忘れ去られたとしても

猫はてんでお構いなし


その執着のなさが羨ましい





過去も未来もどうでも良くて

「いま」を、身構えることもなく生きるだけ


その佇まいが羨ましい。


そんなことを思う

ある梅雨中休みの日






Canon EOS5D MarkⅢ


 

Wednesday, June 11, 2014

やんちゃ盛り

Cat Memories 2014/06/11
いろいろなことに興味を示す、いわゆるやんちゃ盛り。
ちょっと危なっかしいけど、経験を積んで一猫前の猫になっていくんだよね。

左の子は少し身体が小さいんだけど、
負けまいと果敢に攻めているのと、シッポがね。
キュンとした(笑)

SIGMA DP3 Merrill

Sunday, June 8, 2014

梅雨


雨です。

雨の日の公園には人影はなく、とても静か。


聞こえるのは、

天から雨が降りてくる音。

雨粒が公園の木々の葉をたたく音。

時折吹く風の音。



大きな木の下で雨宿りする困り顔の猫に会いました。



こんな光景に出会えるのだから
雨の日も、また楽しです。





Canon EOS5D MarkⅢ










Wednesday, June 4, 2014

意気揚揚

Cat Memories 2014/06/04いつも得意げに爪研ぎを見せてくれて、
この柱を登って天井へと行くのが彼女のパターン。
最近、よく顔を見せるからだろうか。
少しづつだけど距離感が縮まっている気がする。

ずっとモノクロの投稿でしたので、たまにはカラーも(笑)

SIGMA DP3 Merrill

Sunday, June 1, 2014

知足安分

風の音
波の音
沖を行く船の音
海鳥の声


人はここを「何もない、不便な島」って言う。


求めれば求めるほどに
足りなくなってゆくもの


それに気づけば


見える景色も変わるかもしれないね。


Canon EOS5D MarkⅢ

Wednesday, May 28, 2014

至福の時

Cat Memories 2014/05/28 こうしてゆったりと時が流れていくって、 
何て素敵なことなんだろうと思う。
 猫たちを見ているとそう感じるんだよね。
でも昼休みのサラリーマンにも見えるようなw

 SIGMA DP3 Merrill

Sunday, May 25, 2014

はじめまして

新しく、Cat Memories - footprints of cats -に参加しました
M.Kuriharaです。

メンバーそれぞれの
「猫」

このブログの中でどんな世界を織りなしてゆくのか
とても楽しみです。

私の「猫」写真にさしたるメッセージなんてありません。

気ままに・気まぐれに
「猫」を撮ることで些細な自分の生きた足跡が
残せるならば、それこそ出会った「猫」に感謝です。

そして、私の写真を見てくださった誰かが
ほんの少しだけ、”ほっ”としてくださればこの上なく幸せです。

どうぞよろしくお願いします。




Canon EOS 5D MARKⅢ

Saturday, May 24, 2014

遊具点検中

Cat Memories 2014/05/23
Cat Memories - footprints of cats -の新しいブログが始まりました。
新しいメンバーを加えて、中四国の猫たちのあしあとを紹介してまいります。
どうぞお楽しみにしていてください。よろしくお願いします。

日夜、猫が遊具の安全を確かめているなんて、
子どもたちは知る由もないんだろうなw

SIGMA DP3 Merrill